三菱と近代日本の歴史がリンクする「三菱史料館」

公益財団法人 三菱経済研究所
史料館史料部長
渡辺 靖 さん

史料館史料部長の渡辺 靖さん

 

既刊18号の『三菱史料館論集』

—聞こえるのは鳥の声ばかり…都心とは思えない環境ですね。
渡辺さん お隣が三菱ゆかりの旧岩崎邸庭園でも、こちらまで足を伸ばす人はあまり多くはありません。三菱史料館は、三菱創業125周年を記念して、1996年、三菱経済研究所に併設される形で創設されました。創業以来の膨大な経営資料、業務文書類を収集・整理する一方、学術的な調査・研究に供しています。もちろん調べ物など一般の方でもご利用可能です。2・3階はすべて書庫ですが閉架式のため、まずお電話かメールでお問い合わせ頂き、ご来館の際はマイクロフィルムでの閲覧になります。三菱を中心とする経済史、経営史、産業史などの研究成果の一端は、「三菱史料館論集」として毎年刊行されています。
—新しい方向性についてはいかがですか。
渡辺さん 若手の専任研究員のほか、東京大学の教授お二人が兼務研究員として実証研究を進めています。ひとつの史料にもいろいろな見方ができ、それを他の史料とつき合わせれば切り口は限りなく広がります。経済・経営に留まらず、建築や都市、文化等の異分野の研究にも結びついていけたらと思っています。所蔵史料のデジタル化も視野に入れていきます。

この奥にもう一部屋、見応えある展示室

 

鳥の声に囲まれて風情のある正面

 

—一般の人には展示室が面白そうですが。
渡辺さん パネルで三菱の歴史を時代背景とともに分かりやすく解説していて、歴史好きな方なら充分楽しめると思いますよ。三菱の歴史は日本の近代化と切り離せないので、これを見ると三菱の変遷が社会の変化とどうつながってきたか、それが街の歴史ともどうリンクしているかなど、いろいろな感想を持たれるんじゃないかと思います。また興味深い所蔵史料の一部も展示しています。雰囲気のある施設ですので、一度お立ち寄りになってみてください。
 
三菱史料館
開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)、
見学無料(20名以上は要連絡)
休館日  土日祝、年末年始
史料閲覧 要予約(調査目的、希望史料等)
〒113-0034 湯島4-10-14 
TEL.03-5802-8673
FAX.03-5802-8674
http://www.meri.or.jp/